八正建設株式会社

八正建設は土地の購入から
プランの作成、設計・施工、アフターフォローまで、
住まいと不動産のトータルプロデューサーです。

住所・電話番号

HOME > 土地有効活用

土地有効活用

土地は有効活用してこそ価値を生む

土地はただ眠らせておくだけでは何も生み出しません。税金面などで大変な負担になることもあります。土地は有効活用してこそ初めて価値を生むのです。
八正建設ではオーナー様のご要望や土地資産の状態に応じて、価値ある有効活用の提案をおこなっています。相続税、贈与税、オーナー様のライフプランなど、さまざまな要素を汲み取り、スタッフが適切なコンサルティングやアドバイスをおこなうことで、オーナー様にとっての最適なプランを考え出します。賃貸アパートの設計・建築施工や賃貸全般の管理業務から、土地の売却まで手がけていますので、何なりとお気軽にご相談ください。

土地資産の有効活用の方法はいくつかありますが、当社では主に次の2つを扱っています。

賃貸住宅経営・売却処分

アパート経営

眠っている土地を賃貸住宅経営として活かした場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

相続税などが低減できる。
固定資産税対策にもなる。
所得税も節税につながる。
比較的安定した収益が得られる。

デメリット

換金率が低い。
負債比率が高い。
広範囲な不動産知識や専門性が求められる。
空室のリスクを負う。

このようにアパート経営にはメリットとデメリットがあり慎重さが要求されます。ただし、物件の見極め、建設コスト、賃貸経営のノウハウなどを熟知し、しっかりと活かしていけばアパート経営はとても魅力的なものになります。八正建設ではそのノウハウをお客様に提供していくことで、スタッフ一丸となってお客様をサポートして参ります。
ちなみに、現在当社が管理している物件の空室率は4.3%。つまり20室に1室以下となっています。土地の利用方法を決めあぐねている方、現在のアパート管理がうまくいっていない方。八正建設に、是非一度お声をかけてください。

安定収入の確保

売却処分

アパート経営だけでなく、「売却」も土地の有効活用の1つです。その主なメリット・デメリットは次のようなものです。

メリット

現金化するとこで、それを元手に事業や
 投資に回せる。
現金を借入金返済に回すことで、
 利子負担が少なくなる。
収益性の高い土地への買換えによって、
 将来的に収益が期待できる。
固定資産税・都市計画税の負担低減につながる。

デメリット

売却後、その土地からの
 収益がなくなる。
譲渡税として所得税・住民税
 がかかる。
印紙税、仲介手数料など
 譲渡費用が発生する。

土地売却の最大の魅力は「現金化」できることです。現金があることでできることは数多くあり、使い方次第では売却で得た金額以上の現金を生み出すことも可能です。当社では建売用地・事業用用地として有効活用し、建売事業を展開しています。スピーディーかつ適切な価格対応で、現金化のお手伝いをしていきます。

お問合せフォームはこちら